運送業者と配送業者の違いとは

運送業者

運送業者と配送業者の違いとは

運送業者と配送業者を比較し違いを見ていきましょう。

運送業者

運送業とは荷物や人を運ぶ仕事です。
荷物の場合は倉庫やセンターでの仕分けや事務作業なども運送業の中に含まれています。
私たちが目にすることが多いのはすでに仕分けされた荷物を運んでいるトラックや配達業者ですが、見えないころでも非常に多くの作業が行われています。
見えない裏方作業を含めて、荷物や人を運ぶことに携わる業務全般を運送業と呼びます。

配送業者

配送業者は荷物を各地点に配送する輸送便サービスのことです。

依頼主の玄関から指定した届け先の玄関までを迅速に配達してくれるサービスで、コンビニなどでも依頼したり受け取ったりすることも可能です。
距離や荷物量で分ける場合に「輸送>運送>配送」というわけ方をする場合もあります。
軽トラックで営業している会社に配送業者が多いのはこのためです。

違いは国から許可を得ているかどうか

「運送業者」と「配送業者」は非常に似ていますが、「荷物や人を運ぶ」という点でほとんど同じ仕事をしています。
その違いとは「国からの許可を得ているかどうか」という所にあります。
運送業者の場合は必ず国からの許可が必要になります。
そのため、ほとんどの場合は認可を得ている運送業者ですが、「配送業」と表示されている業者は国から許可を得ていないか、運送業全般を配送業と呼んでいる可能性があります。

運送業者はどんなものでも運んでくれるのか?

運送業者は利用者のニーズに合わせて幅広く輸送や配送を行なっており、ジャンルに合わせて荷物を専門に運ぶ運送業者も沢山存在しています。
食品や飲料品を得意とする業者もあれば、貴重品や現金の輸送を専門的に行っている業者もいます。
特に価値の高い貨物や大型の貨物は身近な運送業者では対応してくれないことも多く、専門の運送業者に頼まないと行けない場合があります。

身近な配送業者で運んでもらえないもの

コンビニエンスストアや郵便局で頼める運送では意外と運ぶことがNGになっている者が多いのをご存知ですか?
一般の荷物として扱ってはいけないものは「現金・小切手・株券」などの有価証券です。
他にもクレジットカードやパスポートなどの貴重品、再生が不可能な図案やフィルム類などはトラブルを避けるため断られる場合が多いです。
また、業者によっては配送できる荷物の重さやサイズにも限界があるため、大きく重たいものの運送をお願いするときは依頼先に事前に確認することが必須です。

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • 運送業者とは、荷物や人を運ぶことに携わる業務全般のことである。
  • 配送業者とは、荷物を各地に配送する輸送便サービスのことである。
  • 運送業者と配送業者の違いとは、「国からの許可を得ているかどうか」という点にあり、運送業の場合は必ず国からの許可が出ている。
  • 配送業者で運んでもらえないものは、「現金・小切手・手形」などの有価証券、クレジットカードやパスポートなどの貴重品、再生が不可能な図案やフィルム類、業者が対応できない重さやサイズの荷物、である。

以上です。
運送業者と配送業者の違いを知り、自分の用途にあった運送業者や配送会社を選んで活用していきましょう!

>>引っ越しを考えているなら赤帽へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする